医療の場でもアロマを

医療 アロマ

医療 アロマについて

医療の場でもアロマを

 最近、病院など医療施設でアロマを使用しているのを見たことがありませんか。
特に婦人科のクリニックや検診センターではよく見のではないかと思います。
病院は薬のにおいがしたり、これから医師に診てもらうのに緊張していたりする場所です。
アロマは香りによって効果があったりするので病院は行きたくない場所というのを払拭するために爽快感溢れるグレープフルーツの香りや、リラックス効果のあるラベンダーなどその場の雰囲気に合わせて選択しています。
香りだけでも病院のイメージは大きく変わってくるのではないでしょうか。
 多くの施設は加湿もかねてアロマディフューザーをしようしているところが多いようです。
インフルエンザウイルスは乾燥した場所に強いので冬にはインフルエンザが流行するといわれています。
湿度の高い場所ではウイルスの生存率も低くなってくるので冬にディフューザーで加湿もかねているのはインフルエンザの予防にもつながるのでいいことづくめです。

お子様の矯正も可能な練馬区の歯医者

分野に特化した専門歯科医師がいる大和市の歯医者

歯を守りたいあなたのための三軒茶屋の歯医者です

医療 アロマ関連情報

医療でも活用が広がっています

医療を行う上で、医師の持つ医学的な知識や技術は、根本になりますので、もちろん大切です。
また、

医療分野でも取り入れられ始めたアロマ

医療分野で使われるアロマのことをメディカルアロマと呼びます。
エッセンシャルオイルは医薬品では

アロマテラピーは医療にも取り入れられています

 メディカルアロマテラピーというものです。
これは、精油(エッセンシャルオイル)を高濃度で使用

最新の医療 アロマ